擬岩を作る! その2 どうやってつくる?

擬岩(偽物の岩)ってどうやってつくるんでしょうかね?
その調査です。

まず、インターネットで調べ始めます。

実は擬岩をつくる業者さん結構少なそうです。あまり情報はないです。

それでもFRPで作るもの、モルタルで作るもの・・・業者の紹介はいくつかでています。

でも、肝心の作り方はどこにも書いてありません!

当たり前ですね。

自分で作ろうなんていうやつ以内でしょうし、それに有る意味企業秘密かもしれません。
でも作成途中の写真はでていました!

・鉄骨を組んで、そこに網をかけてモルタルを盛っていく。

どうもそういう手順の様です。

ですので、

  1. 壁に穴をあける
  2. アンカーボルト付き鉄骨を打ち込む
  3. 鉄骨を曲げ、溶接し、岩の骨格を作る
  4. ラス網をかぶせ、岩の形を作る
  5. モルタルを盛りつけ、岩の形にする
  6. 色塗り で完成
こんな手順を考えました。

確かに、私は溶接できます。大学時代に鍛えられました。(機械工学専攻です。)
溶接器具もあります。

モルタルは、ブリックタイルを貼ったりするときに経験しています。

なんとかなるんじゃないか?といういつもの悪い癖で始めてしまいました。

私の場合、作りながら考えるタイプ。

確かに、作る前には相当のシミュレーションを頭の中でやって、ある程度の確信をもつまでは至っていますが、そっからさきは、「やってみなければわかんない!」

まぁ、思い切りのよいことをするには、退路を断つ。やり始めたからにはやめられないようにする、という方法があります。(これ、仕事では結構役に立ちますよ。それなりの度胸は必要ですけどね 苦笑)

しかしこれが、この後、数年プロジェクトになるとはこの時点では思ってませんでした。


 

擬岩の作り方のマニュアル販売しています!